top

 ご あ い さ つ

病気と病気治療ということ

精神病や心身症を除外して考えても、人間が病気になった時は、それが軽い鼻水の出る風邪であったとしても肉体的病状とともに心も病的状態にあると考えられます。私たちは病気をその人間の肉体的活動と精神的活動を含めた人間性の障害としてとらえたいと思います。
『病気を治す』ということは、その人間の肉体と精神の通常状態への復帰であり、それはそのヒト自身の回復願望と回復力によって可能となるのです。病気治療での私たちの助力は、病気の発見と診断、治療方針の確立とその実行ばかりではなく、出来るだけ早く心の病的状態を回復させて、肉体回復への強い意欲を持ってもらうことが大切と考えます。医療技術の進歩が著しい今日、私達医療従事者は自分自身も患者さんも人間であることを忘れ、肉体的病気だけを治療すれば良いという誤りに陥りやすい状況にあることを反省し、病気を心を含めた人間全体の障害と考え、人間性を回復させること、それが医療であると認識し、今後も活動をしてゆく所存で居ります。

札幌月寒病院      
理事長  山 光  進